仮想通貨の価値って何?株式と似ている点、違う点

仮想通貨の目に見えない価値

暗号通貨はweb上の通貨で目に言えませんが、価値はあります。

 

例えば少し似たようなものを取り上げると、株式も今ではペーパーレス化が進み、以前のような株券という紙はなくなっています。

 

保振という保管振替機構に預託されたデータによって売買の記録が反映されます。

 

株券という物はないけど価値はあり、日々、取引所で株価が変動しています。

 

買いたい人と売りたい人がいて、仲介する取引所でマッチングが行われます。

 

そこには株券という物がなくても、データだけで売買が行われて資金決済も問題なく済んでいます。

 

それと同じように仮想通貨も例えばビットコインなど、物がなくても価値が存在して、買いたい人と売りたい人がいて、仲介する取引所でマッチングが行われています。

 

仮想通貨を株式と比べて簡単に解説しましたが、両者には決定的な違いがあります。

 

株式の価値はその企業の価値が裏付けとしてありますが、仮想通貨にはそのような価値の裏付けがありません。

 

ビットコインが2017年末頃に1BTCが一時200万円という価格を付けました。

 

この200万円という価格の価値はいったい何なのか?深く考えると答えは瞑想しそうですが(笑)

 

その点が釈然としない存在ですが、仮想通貨取引所では200万円で買いたい人がいて、200万円で売りたい人がいたので、その価格が付いたわけです。

 

これを経済合理性から納得のいく説明ができるのか疑問ですが、仮想通貨取引において間違いなく売買が成立していますので、そういうものだと受け止めるしかないと言えます。

 

その価格がバブルバブルだと指摘する人もいますが、何を持ってバブルと判断するかという点も非常に曖昧で、客観的な計り方ができていないように感じます。

 

現状、仮想通貨に対する見方というのも人によって分かれますので、もう少し市場が安定してくればおのずと答えが見えてくるのでしょう。

 

ただ、その時は価格も安定すると想像できますので、巨額の利益を狙うとすれば早いほうが良いというのは投資の視点から言えることです。

 

取引市場での売買、そこで取引される商品の価値や価格がどのようにして決められているかという点について、株式市場に25年関わってきた投資のプロの目線で解説します。

 

少し難しいように感じるかもしれませんが、簡単に言いますと、

取引される商品の価値や価格というのは、人の思惑によって決まっていると言えます。

補足すると、人の思惑だけで100%構成されているわけではありません。

 

株式であればその企業の価値が数値で表わされ、資産や売り上げなどの財務指標を元に価格に反映される面があります。

 

ただし、すべての株式がその数値通りにキッチリと株価に反映されているかと言えば、違います。

 

例えば1000億円の利益が出るという決算を発表したのに、株価が急落する場合もあります。

 

反対に赤字決算を出して買われる銘柄もあります。

 

株式市場ではまったく理屈に合わない値動きをする場合が多々ありますが、それは人の思惑が影響しているからです。

 

価格の裏付けがハッキリと存在する株式でされ、そのように目に見えない人の思惑や感情、期待感というものに左右されるのです。

 

売買取引というのは、そういう性質を含むものだと考えたほうが良いでしょう。

 

その目線で仮想通貨を見た時、どうでしょう。

 

そもそも目に見える担保や価値の裏付けがない、web上の仮想の通貨です。

 

それがビットコインなら1BTCが200万円という価格を付けたりするわけです。

 

その価格は「もっと値上がりする」という期待感と言えます。

 

「まだまだ仮想通貨に資金が流入するはずだ」という思惑。

 

「機関投資家の巨額の運用資金が入るはずだ」という思惑。

 

それは虚像なのか、投資戦略なのか、いったい何なのか?

 

そこまで深く考えなくても、2016年、2017年頃からビットコインの可能性に賭けて購入した人は莫大な利益を手にしている人もいるわけです。

 

そのビットコインそのものが虚像だと言ったところで、取引所で値段がついて売りたい人と買いたい人がいてマッチングが成立したら、そこに価値の移動が発生します。

 

その取引の中で、例えば2016年1月頃の1BTCが5万円ぐらいの時に購入して、2017年12月の200万円になった時に売却したら、手元の資金は40倍になるわけです。

 

株式で資金10倍のテンバーガーと言われる現象でも、そうそう滅多にお目にかかれません。

 

それが仮想通貨の市場ではほんの2年程度の期間だけでも40倍になっているのです。

 

そもそもビットコインは当初1円もしていない価値でしたので、そこから現在の価値を見るとケタが違いすぎて驚きます。

 

 

 

 

仮想通貨コラムの関連記事
  • bitcoin-kyuuraku
    ビットコイン急落(20180116)のニュースを読み解く
  • kasoutuuka-kati
    仮想通貨の価値って何?株式と似ている点、違う点
おすすめの記事
仮想通貨はリスク管理が大事
リスク
これは株式やFXなどの投資でも、競馬などの公営ギャンブルでも同じことが言えます。 儲ける可能性がある裏には損をする可能性があるということです...