kasoutuuka-ico-moukekata

仮想通貨を利用したICOという資金調達方法が非常に注目を集めています。

 

企業としては資金を集めやすく、投資家としては巨額の利益を狙える投資対象。

 

この記事にたどり着いたあなたはきっと、「ICOって本当に儲かる?」「ICOってどうなの?」という疑問や興味が多少なりともあるのではないでしょうか?

 

その嗅覚は鋭いです(笑)

 

ICOは投資として未知の魅力があります。

 

ただし、一方でリスクもありますので、一度しっかりと全体像を把握して判断したいですね。

 

そのための情報をお伝えしていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

ICOとは?

ICO=Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)

 

ICOという言葉自体、まだ聞き慣れないかもしれません。

 

簡単にいうと「企業の資金調達の1つ」です。

 

 

 

イメージとしては株式市場のIPO=新規公開株式と同じようなものと言えます。

 

企業の資金調達方法の1つで、これまでのように煩雑な手続きを踏まなくても、比較的容易に資金調達が可能です。

 

企業が資金調達するためには、企業に魅力を感じて出資する人が必要だということです。

 

 

クラウドセール

トークンセール

 

ただ、ICOや仮想通貨というものが、まだ一般的に浸透していないのです。

 

ビットコインは聞いたことがあるかもしれませんが、実際どこでどのように取引されているか、取引を行っている人でなければピンとこないでしょう。

 

まだまだ知名度が低い存在ですね。

 

ですが、根本的な考え方という意味では、珍しいものではないと言えます。

 

ICOは、事業の資金を必要とする企業がいて、出資者から出してもらう。

 

その見返りとして事業が成長して利益が出た場合には、出資者に還元するということになります。

 

このICOが今、熱いと言われているんですね。

 

ただ、市場が出来てそれほど経過していませんので、まだまだ未成熟な市場と言えます。

 

未成熟の市場というのは、トラブルなどが発生する場合もあります。

 

例えば、悪意ある存在が出てきたりします。

 

まだ知識が低い人たちを狙って詐欺のようなものが出たりします。

 

 

ICOの関連記事
  • kasoutuuka-ico-moukekata
    ICOという仮想通貨を利用した新しい仕組みで儲ける方法とは?
おすすめの記事
kasoutuuka-risuku
リスク
リスク管理 これは株式やFXなどの投資でも、競馬などの公営ギャンブルでも同じことが言えます。 儲ける可能性がある裏には損をする可能性が...