ビットコイン急落(20180116)のニュースを読み解く

ビットコイン急落

2018年1月16日の取引で仮想通貨の代表格ビットコインが急落し、約4週間ぶりの安値を付けました。

 

このニュースを見て、様々な人がそれぞれの思いを感じたでしょう。

 

「損失がデカくて泣きそう」

 

「早く戻ってくれ」

 

実際にビットコインに投資している人は頭を抱えているかもしれません。

 

それでもまだ評価益が出ている人のほうが多いと思いますが、せっかくの利益が一瞬で吹き飛ぶのは何かの間違いであって欲しいと願いたいものです。

 

一方で、仮想通貨を懐疑的に思っていた人からすると

 

「ああ、やっぱりか」

 

「いつかそうなると思った」

 

「だから危険だと思った」

 

ということになるのでしょう。

 

この急落の1日の値動きだけで結論付けるのは早計ですが、急落の理由を紐解いて今後の仮想通貨市場の方向性を多少なりとも予測してみるのは、必要かもしれないですね。

ビットコイン急落の理由は?

今回のビットコイン急落の背景を紐解いていく前に、最近のビットコインの値動きをおさらいしましょう。

 

2017年はビットコインをはじめオルトコインも1年間の値動きで見ると爆発的な上昇を記録しました。

 

ビットコインは2017年はじめの約10万円から年末の約200万円へ、約20倍に価格が上昇しました。

 

2017年の年末から2018年1月現在、乱高下を繰り返していますので、方向性を探っていると言えます。

 

さすがに急落を目の前にすると、ちょっと前までの超強気スタンスも揺らぎます。

方向性を探る背景としては、やはりビットコインをはじめとする仮想通貨が、経済の中でどのような位置づけとして定着するか、定まっていないというのがそもそもの理由と言えます。

ビットコインの本来の目的

ビットコインの始まりは、世界中で国境を越えて簡単に資金決済が可能になる方法を目指したものです。

 

つまりそもそもビットコインの目的とされたのは、投資対象の利益のためではありません。

 

ですが、2017年から沸いたビットコインの話題は単なる投資対象。

 

お金儲けの手段になっています。

 

資金決済手段のコインの価値が、1単位の1BTCで10万円の価値だったものが、わずか1年で200万円の価値に変化するというのは異常な印象です。

ビットコインの適正価格って?

「じゃあビットコインの適正価格はいくらなの?」という疑問が出てきます。

 

ですが、実際にビットコインの適正価格というのは答えらえる人は誰もいないわけです。

 

発行量が金地金のように限られているため、その希少性を含めて今後の需要を考えると1BTC500万円になってもおかしくないという意見も目にします。

 

一方で、今の急騰はバブルだからいずれビットコインの価格は急落するという意見も目にします。

 

どちらの意見が正しいか、それ自体が誰も判断できません。

 

例えば、投資と言えば株式市場が代表的なものですが、株式は企業価値が背景にあって株価が成り立っています。

 

とはえ、株価の値動きは企業価値以外の要因も多々影響しますので、理論価格と常に一致しませんが、過剰に株価が動けばいずれ理論価格に近づこうとする動きが出ます。

 

その企業価値や理論価格というのが株価の背景にある価値と言えます。

 

ですが、ビットコインの場合は、価格の背景になるものは、物質的なものや計算上の理論価格というものが存在しません。

 

単なるイメージや期待感、想像の世界になっているわけです。

 

もちろん、背景になりうる仕組みとして資金決済手段があり、その全体的な構成が有益な仕組みであると誰もが認知して実際に利用されるようになれば、そこに認められる価値が生まれます。

 

将来的に法人・個人ともに様々な決済手段がビットコインなどの仮想通貨によって実行されるようになるとすれば、そのブロックチェーンを土台にした仕組み自体の価値が高まります。

 

そして、ブロックチェーン技術を利用したプラットフォームやサービスが派生するなどで、そこにまた価値が生まれるわけです。

 

ですが、2018年はじめの今の時点では、有効な資金決済手段としての仕組みがあまり機能していませんので、そこに価値を感じるのは想像の世界になってしまいます。

ビットコインは未成熟な市場

ビットコインを語る時、細かい部分ではいくつも不確実な要素が出てくる話ですが、大きな目線で考えるとビットコインをはじめとする仮想通貨そのものが未成熟だから不安定な動きになるわけです。

 

今回の急落は、2017年末頃から特に注目を集めて将来の方向性を気にする人が増えてきた中で、仮想通貨に対する各国の規制の話を強まったことが理由の1つと言えます。

 

ただし、規制が強化されるかもしれないという理由はあくまでもきっかけの1つであって、根本的な部分としてはビットコインそのものが認知されていないことが大きな要因になるでしょう。

 

ビットコインのデメリットも指摘されるようになりました。

 

ですが、ビットコインが世界的な経済圏の中で、どのような役割を果たして、人の暮らしの中でどのように役立つのか、どのような有効な手段になるのか、その存在意義が定まっていないということです。

 

「ビットコインって結局何なの?」

 

いま、あなたもそういう疑問が浮かんでいないでしょうか。

 

それが今のビットコインの不安定さを表していると言えるかもしれませんね。

今後のビットコインの取り組み方

ここまでの解説で終わってしまうと、ただの無責任な評論家になりますので(笑)

 

もう少し参考になる意見をお伝えして終わりたいと思います。

今後ビットコインをどう扱えばいいのか?

1日の値動きだけで方向性を決めてしまうことは出来ません。

 

ただ、過去数か月のトレンドをチェックしたうえで、直近の市場の動きや外部要因のニュースなどを踏まえて、今後の方向性を予測することは可能です。

 

例えば、2018年1月17日現在、乱高下の中でやや売り優勢で下降トレンドになっているという見方もできます。

 

この時、投資のセオリーとして【下落トレンドで買い向かってはいけません】。

 

「ずいぶん安くなったから買いたい」

 

と思うのも投資する立場としては同感したい気持ちです。

 

ですが、そこで様子を見られるか、早まって行動してしまうか、この差が最終的な損益の違いに出る可能性があります。

下落トレンドの場合は、下落が止まって上昇に反転するタイミングを見計らう必要があるのです。

これが出来ない人が多いのが現実です。

 

なぜなら【利益は最大限に取りたい】という欲があるからです。

 

最安値を拾いたいという願望。

 

確かに、最安値で購入できれば利益は最大化する可能性が高まります。

 

ですが、現実的に最安値を拾うというのは神業で、ほとんど奇跡の世界です。

 

狙ってできるものではありません。

 

底値・最安値というのは、振り返ってみた時に結果として、「ああ、あそこが底値(最安値)だったのか」と分かるもので、事前に底値が分かる人は誰もないのです。

 

ではどうしたらいいの?ということですが。

投資で勝つ、投資の儲け方というのは、底値を付けて反転上昇した場面を見逃さずに、すかさず仕込む(購入)することです。

そのタイミングは必ずやってきます。

 

その絶好のタイミングを見逃さないことです。

 

それが投資で儲ける秘訣です。

 

ただ、そのチャンスはいつやってくるか分かりません。

 

ちなみにあなたは、仮想通貨を購入するための取引所に口座を開設していますか?

 

もし、取引所に口座開設していなければ、いくら購入したくても出来ませんので、絶好のチャンスをみすみす逃すことになりますので注意が必要です。

 

どうすればよいかというと、絶好の購入タイミング(仕込み時)がいつ来ても良いように最低限、取引所に自分の口座を開設しておくことです。

 

>>仮想通貨取引所はこちらでチェック

 

 

  • bitcoin-kyuuraku
    ビットコイン急落(20180116)のニュースを読み解く
  • bitcoin-tokutyou
    仮想通貨のビットコインとは?サトシ・ナカモトが始めたデジタル通貨
おすすめの記事
仮想通貨はリスク管理が大事
リスク
これは株式やFXなどの投資でも、競馬などの公営ギャンブルでも同じことが言えます。 儲ける可能性がある裏には損をする可能性があるということです...