仮想通貨の口座開設ガイド【厳選5社】おすすめ取引所ランキング

kasoutuuka-torihikijyo-ranking

当ページ、仮想通貨口座開設ガイドでは仮想通貨投資を始める際にどの取引所で口座開設するのが良いか、おすすめの取引所をランキングで紹介しています。

 

最初にお伝えしますが、

 

取引所の選び方は非常に大事です。

理由はいくつかありますが、中でも重要なのは仮想通貨のリスク管理で、そのリスクの予防策などが取引所によって違うからです。

例えば、万が一自分の資産がハッカーによって盗難された場合、盗難補償がある取引所と盗難補償がない取引所、どちらを利用しますか?

 

そういう違いが分かれば答えは明白ですが、何も知らずに取引所を選ぶと後悔する可能性があります。

 

その大事な取引所について「おすすめランキング」として整理していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私は証券会社15年&投資顧問会社10年、計25年のキャリアを持つ投資関連のプロフェッショナルですので、プロの目線から仮想通貨のリスクや儲け方なども合わせて解説しています。

ではさっそく「おすすめの取引所ランキング」をチェックしてみましょう!

仮想通貨取引所おすすめランキング

取引所ランキング厳選5社

コインチェック Coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
出川哲朗さんのCMでも人気
盗難補償あり(2段階認証必須)、コールドストレージなどセキュリティ面に定評
使いやすいと評判、取引高№1、アプリ利用者数№1、24時間いつでも購入可能

 

ザイフ Zaif

ビットフライヤー bitFlyer
手数料が他社と違う

 

ビットフライヤー bitFlyer

ザイフ Zaif
盗難補償あり(2段階認証必須)などセキュリティ面に定評。ただし、保証内容は要チェック

 

GMOコイン

アルトコイン訴求
GMOコイン
GMOコイン

 

QUOINEX

ビットコイン
QUOINEX
QUOINEX

 

ここまで【厳選5社】をお伝えしましたが、他にも取引所は複数ありますので念のため整理しておきます。

その他の取引所

エターナルコイン

エターナルコイン
エターナルコイン
エターナルコイン

 

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)
bitbank(ビットバンク)
bitbank(ビットバンク)

 

BITPOINT

日本最大級の取引所
上場企業リミックスポイントが運営している安心感。電話サポートなど充実の体制。

 

第9位ビットトレード

ビットトレード
ビットトレード
ビットトレード

 

第10位みんなのビットコイン

みんなのビットコイン

取引所ランキング第1位

取引所おすすめランキングの第1位は【コインチェック(Coincheck)】でした。

特徴、ポイント

 

取引所に口座開設する時に意識すること

どの取引所に口座開設するか考える時に「どの仮想通貨を購入するか」というのも意識したい点です。

 

なぜなら取引所によって取り扱いの種類が違うためです。

 

例えばビットコインしか取引できない取引所があります。

 

その他、ビットコイン以外のオルトコインを複数扱っている取引所もあります。

 

もし、購入したい仮想通貨が具体的に決まっている場合、そのコインを扱っている取引所で口座開設する必要があるということです。

 

いかがでしょうか。

 

購入したい仮想通貨は決まっているでしょうか?

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ダッシュ
  • モネロ
  • ネム
  • コムサ
  • モナコイン

等々

仮にまだ決まっていない場合でも購入するための口座開設手続きを進めることは可能です。

 

取引所によって取り扱いの仮想通貨の種類は違いますが、当ページおすすめの取引所の場合はそれなりに多くの種類を扱っています。

取引所の口座開設を急ぐべき理由とは?

どの取引所に口座を開設するかというのは非常に大事ですので、ジックリ時間をかけて決めたいところですが、口座開設の手続き自体はなるべく急いだほうがよいです。

早く口座開設を進めたほうが良い理由は、仮想通貨の人気が高まって口座開設する人が増えているため手続きが混雑し、通常より日数がかかるケースがあるためです。

いざ仮想通貨を購入したいと思った時に、まだ口座開設手続きが完了していないとなると利益の機会を損失する可能性がありますからね。

 

出来ることはササっと進めておくのがベターです。

 

>>おすすめ取引所ランキングはこちら

口座開設する取引所の選び方、ポイントとは?

仮想通貨の投資を行う上で、どの取引所に口座開設するべきかポイントを押さえるといくつかの取引所に絞られてきます。

 

その選び方のチェックポイントを整理しましたので、どの取引所にするか最終決定する前に参考にしてみてください。

セキュリティ

webサービスならではのハッキング被害というのも考えられますので、自分の大切な資産が被害にあわないように可能な限り注意したいですよね。

手数料

手数料は取引所によって違いがあります。

使いやすさ

使いやすさというのは見落としがちですが、実際に取引する時に使いにくいと苦労しますので事前に確認したいポイントです。画面の操作方法が難しいとか、見ただけでは意味が分からないというのは避けたいですね。また、スマートフォンで見やすいか、操作しやすいかという点も意識したり、スマホ用のアプリがあるか、使いやすいか等もチェックするのも有効です。

取引の嗜好(投資スタンス)

どの仮想通貨に投資したいか。例えばビットコインなのかビットコイン以外のいわゆるアルトコインなのか。短期で売買益(キャピタルゲイン)を狙うのか、長期投資なのか。取引の内容は人それぞれです。自分がどういう投資スタンスなのか今一度イメージして、それに合った取引所を選ぶのがベターです。

利用者の多さ

利用者が多いということは、多くの人から支持されていると判断できます。それが全てではありませんが、参考の1つとしてある程度裏付けがあると言えるでしょう。

盗難補償

「仮想通貨を購入して取引所にそのまま寝かせておいたら盗難被害にあった」という話は現実に起こっています。webで完結する取引で現物が存在しないため、インターネット上のデータが盗まれると大変です。また、仮想通貨取引自体が始まってまだ数年程度で、セキュリティ体制などリスク管理や資産の保全、管理などの整備はまだまだこれからという印象です。市場全体の整備はこれから少しずつ充実してくることが予想されますが、その前に仮想通貨投資を始める場合はリスク対策として補償などもチェックしましょう。

 

口座開設する取引所の比較

上位3社で比較しましたのでチェックしてみましょう。

 

 比較 コインチェック  ザイフ ビットフライヤー
セキュリティ
手数料
使いやすさ
利用数
盗難補償

口座開設する取引所の選び方まとめ

いかがでしょうか。

 

仮想通貨の口座開設する時のポイントはチェックできたでしょうか?

 

いくつかポイントをチェックした上で最終的に口座開設する時の判断として、自分の取引のスタンスを重視するというのも必要になってきます。

例えば売買を繰り返しながら利益を追求するという投資スタンスの場合、いくつかの判断要素の中で「手数料の安さ」が重要になってきます。また、色々な種類の仮想通貨を購入したいと思えば、取り扱い種類が多い取引所でなければ自分の欲求は満たされません。このように自分が何をしたいかという点も事前にしっかりと整理して口座開設する取引所を選ぶことが必要です。

仮想通貨のリスクは特に注意

株式やFXなど何らかの投資経験があれば、リスクの大事さはご理解されていると思います。

 

ただ、仮想通貨投資は取引が始まって数年しか経っていませんので、リスクに対する意識がまだ薄いと言えます。

 

市場自体がまだまだ未成熟で法整備もこれからという感じですからね。

 

実際に詐欺のようなものが発生しているという声も挙がっています。

 

詳しいリスクの内容は別途解説していますが、リスクがあるということを意識するのがとても大事です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

念のため仮想通貨の基本をおさらいしますね。

仮想通貨の投資について

あなたが口座開設の方法を確認したいと思っているのでしたら仮想通貨の内容をすでに勉強しているかもしれませんが、念のため簡単に整理します。

 

仮想通貨といえばビットコインやイーサリアム、リップル等々が有名ですが、その他の無名の通貨まで含めると1000種類以上あると言われています。

 

ですので、いざ「仮想通貨を購入してみたい」と思った時、「何を購入したらいいの?」という疑問が出てくるかもしれません。

 

また、一般的にまだ広まっていませんので、そもそも

・仮想通貨って何だかよく分からない

・儲かるらしいけど、どうすれば…

など、難しいイメージがあるかもしれません。

 

ですが最初にも少しお伝えしましたが、仮想通貨の取引自体はシンプルですので、ポイントを押さえてしまえば決して難しい取引ではないのです。

 

投資自体は本来シンプルで、儲かりそうだと思ったら購入して値上がりしたら売却すればOKですので、最初から難しく考えすぎないほうがよいです。

ちなみに私は証券会社15年&投資顧問会社10年、計25年のキャリアを持つ投資関連のプロフェッショナルですので、投資のプロの目から見た仮想通貨投資の儲け方などもあわせてお伝えしていきますね。

仮想通貨投資を始めるためには、まずは取引所で口座開設する必要がありますので、とりあえず口座開設したいという場合はこちらより選んでみてください。

仮想通貨投資の最大の魅力

まず、仮想通貨について知りたいという目的は、何と言っても【大きな利益を狙える】からではないでしょうか。

 

そうです、仮想通貨の最大の魅力は「巨額の利益を得られる可能性がある」という点です。

 

実際これまでも投資金額の10倍、100倍というレベルではありません。

 

例えばビットコインは当初の何万倍、それ以上の価値になっています。

 

もうケタが大きすぎてピンとこないレベルかもしれません(笑)

 

そんな爆発的な利益を狙うためには、とにかく仮想通貨を購入しなければ何も始まりません。

仮想通貨で儲ける第一歩

そうです、購入のために最初にやるべきことがあります。

 

それは仮想通貨の取引所で口座を開設することです。

 

銀行や証券会社の口座を開設するのと同じような感覚です。

 

自分のお金を管理する口座。

 

アカウントと言ったりしますが、仮想通貨取引所でも特別なことはありません。

 

自分のお金の残高や取引履歴などを管理するための専用口座(アカウント)のことです。

取引所の口座開設は無料ですので、まずは実際に作って仮想通貨の入り口に立ってみるのが良いでしょう。

手続きは銀行や証券会社の口座開設と同じようなものですので、サクッと最初に済ませておくのがベターですね。

仮想通貨の取引は、資金決済法や犯罪による収益の移転防止に関する法律などが関わるため、口座開設の時点で本人確認書類の提出が必要です。 手続きとしてはネットで本人確認書類をアップロードします。その後は住所確認のためにハガキが届きます。この最初の本人確認手続きだけは少し面倒に感じるかもしれませんが、大事なお金を預ける場所ですのでこれぐらいのセキュリティは当然かもしれません。

口座開設自体が無料ですし、いざ「仮想通貨投資を始めたい!」と思った時に、口座開設が完了していなければ取引できませんので、早めに済ませておきたい手続きです。

 

特に最近は取引所に口座開設したい人が増えてきているようで、各取引所も対応に追われているといいます。

 

その影響として、本人確認のためのハガキが届くまで数週間や1か月ぐらいかかるケースもあるようです。

 

その時々のタイミングや取引所によって対応も違いますので一概に言えませんが、口座開設の申し込みはとにかく早いほうが良いのは間違いありません。

 

「どの取引所で口座開設すればいいか決めかねている」という場合は、あまりこだわらずに複数の取引所に口座を開設して問題ありません。

一般的に銀行口座や証券会社の口座も複数開設したり、FXなども用途によって使い分ける人が多いですからね。特に仮想通貨の場合、投資対象の1つですが、決済手段の1つという側面もありますので、使い方によって取引所を変えるという場面はいずれ必要になってくる可能性が高くなるでしょう。

 

仮想通貨をもう少し掘り下げると

ここで仮想通貨についてもう少し詳しく解説します。

 

といっても難しく考える必要はありません。

 

むしろ、思ったより簡単だと思うぐらいで良いでしょう♪

見慣れない話を簡単だと言うと何だか怪しい人みたいですが(笑)

 

ただ、逆に難しく説明している人がいるとしたら、そのほうがよほど怪しいです。

 

なぜなら仮想通貨の取引自体は本当に簡単だからです。

 

例えば、ネット通販でショッピングする程度の話です。

それでも、

 

「仮想通貨投資ってだまされない?」

「仮想通貨ってホントに儲かるの?」

 

何となく魅力は感じるけどちょっと怖い…。

 

そんな感覚があなたも少しはあるかもしれません。

そういう不安や疑問は、仮想通貨投資の情報が少ないからです。

 

しっかりと情報が整理されて、基礎知識やリスクなどが分かれば感じ方も変わるでしょう。

暗号通貨

仮想通貨は暗号通貨やデジタル通貨と言われます。

 

インターネット上に存在する決済手段の1つです。

 

これはインターネット上の記録データだけで、物質的なものはありません。

 

日本円の場合、100円硬貨や1000円札のように物が存在しますが、仮想通貨にはそういう物質的に見える形はないわけです。

 

また、国の通貨のように中央集権の管理とは違い、ブロックチェーンという技術を利用した分散型の管理になっています。

目に見えない価値

暗号通貨はweb上の通貨で目に言えませんが、価値はあります。

 

例えば少し似たようなものを取り上げると、株式も今ではペーパーレス化が進み、以前のような株券という紙はなくなっています。

 

保振という保管振替機構に預託されたデータによって売買の記録が反映されます。

 

株券という物はないけど価値はあり、日々、取引所で株価が変動しています。

 

買いたい人と売りたい人がいて、仲介する取引所でマッチングが行われます。

 

そこには株券という物がなくても、データだけで売買が行われて資金決済も問題なく済んでいます。

 

それと同じように仮想通貨も例えばビットコインなど、物がなくても価値が存在して、買いたい人と売りたい人がいて、仲介する取引所でマッチングが行われています。

 

>>仮想通貨の価値についての考察はこちら

仮想通貨で有名なビットコインとは?

ビットコイン(bitcoin)は2009年に始まった仮想の通貨で、暗号通貨やデジタル通貨と呼ばれています。

 

始まりとしてはサトシ・ナカモトという人物の論文をもとに運用が開始されたと言われています。

 

管理する仕組みとしてはブロックチェーンと言われる公開分散元帳に記録されます。

 

世界中の人が通貨として利用できることを目指していて、通貨の単位はビットコイン (BTC)。

 

日本円やアメリカドルのように、一般的な通貨は国が管理しますが、ビットコインはそのような管理母体はありません。

 

中央格納式のサーバーや集中管理を行わず、ブロックチェーン技術によって国境もなく誰でも利用できる仕組みになっています。

 

同様の仮想通貨は、ビットコインの他にイーサリアム、リップル、ライトコイン、ダッシュ、モネロ、ネム、コムサ、モナコインなど多数の種類があります。

 

その中でもビットコインは最大の時価総額となっていて、知名度も1番と言えます。

 

このビットコインを扱っているお店であればビットコインで商品を購入できます。

 

最初の商取引と言われているのは、2010年5月22日にアメリカのフロリダ州でピザ2枚を1万ビットコイン(BTC)で購入されたようで、その日は「ビットコイン・ピザ・デー」と呼ばれているようです。

 

その他、ビットコインのメリットやデメリットもまとめていますので、興味がありましたらチェックしてみてください。

 

>>ビットコインの詳しい内容はこちらより

仮想通貨の購入方法とは?

 

 

 

 

 

仮想通貨は購入前にリスクを知る

「仮想通貨の購入方法は?儲け方は?」

 

という疑問があるかもしれません。

 

もちろん購入方法や儲け方なども詳しく解説しますが、それらより先に知るべきことがあります。

 

それは仮想通貨のリスクです。

 

リスクという言葉は、ちょっと怖い感じがありますよね。

 

ですが最初にリスクを押さえてしまえば、何をするべきか、何をしてはいけないかが分かりますので、もう怖がる必要はありません。

仮想通貨に限った話ではなく、投資というものはリスク管理が非常に大事です。

特に仮想通貨投資の場合、購入するために取引所を利用しますが、リスクを考えた時にどの取引所を利用するべきか、という点がポイントになります。

 

購入方法や入金、出金方法なども大事です。

 

儲け方、売却のコツなども、もちろん大事です。

 

ですが

1番大事なのは、リスクを知ること。

 

そのリスクを含めた全体像が分かればスタートとしてOK。

 

「ああ、そういうことか!」

と、むやみに怖がることも無くなるはずです。

仮想通貨のリスクの概要

詳しい内容は改めて解説しますが、概要としては

  1. 価値が買値より大幅に下落することで大損するリスク
  2. ハッキングなどによって自分の資産が盗まれるリスク

1つ目の大損のリスクは、大儲けの裏返しでもあります。

 

もちろん大損しないように注意するのは必要ですが、それとは別のレベルのリスクとして特に意識するべきは2つ目の盗難被害などのリスクです。

 

ネット上では悪意を持ってハッキングする人がいます。

 

これは注意しているつもりでも起こり得るものです。

 

その予防策としては

「より安全な取引所を選ぶ」

 

つまり仮想通貨はリスクの面から、取引所の選び方がとても大事になります。

 

 

仮想通貨取引所の今後に期待

仮想通貨の市場がまだ未成熟のため、これから法規制を含めて少しずつ整備されていくでしょう。

 

株式投資や先物取引、一時期ブームになったFX投資なども時間をかけて整備されてきました。

 

仮想通貨もいずれ進化すると思われますが、今はまだ自分で出来る限りの防衛策を考えなければいけません。

 

「じゃあどの取引所がいいの?」という話ですが、いま1番安心できる仮想通貨取引所は「コインチェック」です。

 

出川哲朗さんのCMでも注目されてきましたが、盗難補償などもあって安心感のある取引所です。

 

>>まずはコインチェックで無料開設してみる

仮想通貨の儲け方とは?

せっかく仮想通貨を購入するからには、大きな利益を手にしたい。

 

仮想通貨は決済手段の1つとして国境を超えて手軽に誰とでも資金決済ができるような仕組みになっています。

 

その決済手段としての利便性も利点・魅力と言えますが、もう1つの魅力は巨額の利益が期待できるという点です。

 

その最大の魅力ともいえる利益、キャピタルゲインを大きく狙うにはどうしたらいいのか。

 

儲け方のコツは何か?

 

損切(ロスカット)のルールを決めた上で、じっくりホールドすることです。

損切のルールを決める

万が一、評価損が大きくなった時にはどの段階で損切りして損失を確定させるか、自分なりのルールを明確にすることが非常に大事です。

 

株式取引に長く関わっていて感じるのは、日本の投資家は損切が下手です。

 

損を確定させることができないのです。

ホールド(長期投資スタンスで構える)

株式投資や先物でもFXでも、デイトレーダーという言葉が持てはやされたりします。

 

そういう職業として注目されるケースもあります。

 

ですが、投資というのは本来、毎日売買を繰り返すようなものではないと考えます。

 

25年株式投資の世界を見てきた私の感覚としては、デイトレーダーの手法は本来の投資というより、趣味の世界に近いイメージです。

 

売買しないと落ち着かない、というような習慣性や行き過ぎる場合は中毒性があるとも言えます。

 

もちろん、デイトレーダーの言い分もあります。

 

特にFXのようにリアルタイムでリスク管理が求められるような投資は、オーバーナイトはあり得ないという感覚も理解できます。

 

翌日に玉を持ち越さないために当日中に決済するというのは考え方の1つです。

 

ですが、基本的には私が最初にお伝えしたように、損切ルールを明確にして、基本的にはホールドです。

 

これは将来的に大きく利益を取るための賢い方法と言えるでしょう。

 

ボラティリティ(価格変動率)が高い場合は、ロスカット水準の設定は難しいため、熟慮する必要があります。

 

 

 

>>仮想通貨の儲け方の詳細はこちら

 

 

 

特定商取引法に基づく表示